はじめに

 ここでは、私たちが探究学習を始めた理由やその活動を通して解決したいことを紹介します。

はじめに

 避難所で過ごさなければいけなくなった時のことを、想像してみたことはありますか?

 各地で大雨に伴う河川の氾濫や土砂崩れに見舞われ、いつ大地震が起きてもおかしくないと言われる昨今の日本では、以前より避難所が身近なものになりつつあります。災害は起きるという前提で、いざという時のために備えておく必要があります。

 女性は避難所で弱い立場に置かれやすいと言われています。プライバシーが保たれず、着替えや洗濯物を干すこと、授乳もままなりません。避難所におけるセクハラや性暴力の被害も報告されています。内閣府「平成28年度避難所における被災者支援 に関する事例等報告書」によると、熊本地震において「避難所内で男女別の配慮はなかった」との回答が63%を占めました。

 どうすれば避難所における女性の安全と地位は向上するのでしょうか?そのためにはまず、なぜ女性は弱者になりやすいのかその原因を知る必要があります。その上で私たちが提案したいのは、「女性自身が弱者になりやすいことを自覚し、避難所での生活に関心を持って、女性のための避難所改革の重要性を発信する。男性も改革に理解を示し、女性と共に避難所を変えていく。」ことです。

 このWebページを通して、女性に配慮した避難所を実現する第一歩を私たちと一緒に踏み出してみませんか?これは、女子高生による女性のための避難所革命です。